HDPEの特徴

HDPEって何?

HDPEの写真

HDPEは、「高密度ポリエチレン」の略称で、他のポリエチレンよりも硬い素材です。
スーパーやコンビニのレジ袋や本屋さんでよく使われている素材で、硬い素材なので伸びにくいという特徴があります。 HDPEは伸びにくいため他の素材と比べて薄くても問題なく使っていただけるため比較的お安くご提案が可能な素材です。
ポリ袋を作る際は入れるものや印刷の色数によって適した素材が異なりますので用途をお伺いしてご提案をさせていただきます。

HDPEのメリット

ポリ袋にHDPEを使用するメリットをご紹介致します。

  1. HDPEは硬い素材で丈夫なので伸びにくく重たい物を入れるのに適しています!
  2. HDPEは薄くても大丈夫な素材のため他の素材に比べ価格が安くなります!

スーパーやコンビニでは製作枚数が多い上、重たい物を入れることが多いのでHDPEを採用しています。 コンビニの小さめのポリ袋で0.012mmほど。スーパーの大きめのポリ袋で0.02mmほどの厚みです。

HDPEのデメリット

ポリ袋を作る際HDPEを使用するデメリットは

  1. HDPEは硬いので複雑な印刷に向かない。4色フルカラーはおすすめしません。
  2. HDPEはシャカシャカと音がなるためコンサート等の袋には不向きです。

HDPEはコスト重視で選ばれるお客様が多く1色か2色の印刷の希望がほとんどです。
4色フルカラーの印刷には不向きな素材となっており、4色フルカラーだとLDPEという素材をおすすめさせていただいております。
またポリ袋をイベントで使いたいが静かな会場で使用する場合は触ると音がなるのでおすすめしておりません。

お安くたくさん作れる!HDPEの需要と活用例

ポリ袋を作る際のHDPEの需要と活用例をご紹介いたしますね。

HDPEは継続的にたくさん袋を使う飲食店やお店の袋としてご希望いただくことが多いです。

例えば雑貨屋さんのショッパーやスープ屋さん・パン屋さんのテイクアウトの袋としてご希望いただきました。
そういった場合お客様によって入れる箱やケースが決まっている場合もあるため内容量をどうされたいのか、入れる箱のサイズ等をお伺いした上でお見積もりをさせていただきます。

もし、サイズで悩まれた際はRERECAのオペレーターにご相談くださいませ。
あなたに最適なサイズをご提案させていただきますよ。 またサンプルのご希望があれば実績を無料でお送りできますのでご相談くださいませ。
あなたからのお問い合わせを楽しみにお待ちしております!!


他の素材についてはこちら

LDPE:HDPEと比べて柔らかい素材 梨地風:HPPEやLDPEにない質感の素材

商品ラインナップ

手穴 ポリハンドル 巾着 ショルダー Uバッグ ハッピータック 実績一覧 参考価格表 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー 運営会社
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他