マット印刷の特徴

マット印刷って何??

ポリ袋のマット印刷とは梨地のような質感の袋を作りたい!けれどロット的に作るのが難しい。。というお客様におすすめしている方法です。
ポリ袋の裏面と表面にマット印刷と呼ばれる印刷をかけ梨地と似た質感にします。
透明の印刷で色味は少し落ち着いた印象になります。
少ない枚数でも高級感のある仕上がりになりますので、変わった袋を作りたいアパレル様のポリ袋や高級雑貨屋さんのポリ袋としてご利用いただいております。

マット印刷のメリット

ポリ袋にマット印刷を施すメリットをご案内いたします。

  1. ポリ袋の全面にマット印刷をかけることで高級感ある質感になります!
  2. 小ロットだと梨地よりもコスト的に安くなります!梨地をどうしても作りたいけど難しい。。というお客様におすすめ!
  3. 梨地よりも納期対応が早い!梨地では納期対応難しい場合マット印刷のポリだと納期対応できます。

梨地が作りたい!けど小ロットだし、納期が急ぎ。。そんな時はポリ袋にマット印刷をすれば問題が全て解決するかもしれません!ご希望の方はぜひ一度御相談くださいませ。

マット印刷のデメリット

ポリ袋を作る際のマット印刷のデメリットは

  1. お値段が上がる。表裏で印刷2色分印刷賃が追加されます。
  2. 端5mmほどは印刷ができないので元の素材の質感が残ってしまいます。また内側も印刷ができないので元の質感が残ります。

LDPE等の素材を梨地のように見せることができる画期的な方法ですがどうしても通常の印刷よりもコストはかかりますし、端まで印刷をすることは難しいです。
また内側に印刷をすることもできませんので、ポリ袋のマット印刷を活用した場合は、内側は元の素材の質感が残ります。

高級感をプラス!マット印刷の需要と活用例

ポリ袋を作る際のマット印刷の需要と活用例をご紹介いたしますね。

マット印刷は小ロットで梨地の質感を出したいお客様におすすめの方法です。

また、ロゴの部分だけマット印刷をかけても斜めから見たら、ロゴが浮きだすように見えかわいい仕上がりになります。
アパレルのお客様で変わった袋を作りたいという希望の際に、試行錯誤の末マット印刷をLDPEのロゴ以外の部分にかけ、ロゴにツヤを出し、それ以外の箇所をマット印刷で柔らかく仕上げました。

写真では少々マット印刷は分かりにくいため、イメージがつかない!というお客様はRERECAオペレーターに御相談くださいね。
実績でよければ無料でお送りできます。


他の特徴についてはこちら

梨地風:HPPEやLDPEにない質感の素材 手穴補強の特徴:ポリ袋の強度を上げる加工方法

商品ラインナップ

手穴 ポリハンドル 巾着 ショルダー Uバッグ ハッピータック 実績一覧 参考価格表 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー 運営会社
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他