印刷方法

レレカで作るポリ袋は基本的に「グラビア印刷」という方法を採用しています。
グラビア印刷をいう名前を聞いたことある方もいるかもしれませんが、印刷方法までわかる方は少ないかと思いますので簡単にご説明いたします!

気になる!ポリ袋の印刷方法

グラビア印刷は凹版印刷の一種です。
写真等のフルカラー印刷に向いている方法で、複雑なグラデーションの色表現や写真のような複雑な印刷に対応が可能です。
ポリ袋や写真集。食品ビニール等の印刷方法として採用されています。

グラビア印刷のメリット

グラビア印刷のいいところは下記3つになります。

  1. 多色刷りが得意で印刷が綺麗!
  2. 大量ロットに適している!
  3. 版に耐久性があるので長期間の保存も可能!

グラデーションや写真等の印刷も可能な方法なので色味の再現性が高いです。
ポリ袋は他にシルク印刷やフレキソ印刷等の手法もありますが、単色しか対応できない上に印刷範囲にも限りがあり、グラビア印刷が最も綺麗に製品が仕上がります。

グラビア印刷のデメリット

メリットもあればデメリットもやはりあります。グラビア印刷のデメリットは下記の3つになります。

  1. 製版代が非常に高く、小ロットの価格が高い
  2. 印刷の作業工程が多く短納期に向かない
  3. 印刷のサンプル校正費用が高額

RERECAでポリ袋のサンプル校正をさせていただくと
期間:約2〜3週間
費用:30000円〜 +版代
となりかなり高額です。

ポリ袋は4色フルカラーの場合の版代が10万円を超えることもよくあるので、そうなるとサンプル代金だけで15万〜20万くらいしてしまいます。
なので、ポリ袋を作るお客様の99%はサンプル製作はせず、データを画像確認し、量産のご指示をいただいております。

ポリ袋の印刷の色数について

ポリ袋はデザインを作る際に印刷色を何色使うかでお見積が大きく変わってきます。
印刷の色数の扱いについて簡単にご案内いたします。

1色印刷・2色印刷・3色印刷

ポリ袋にロゴまたは文字だけの印刷をする場合です。
印刷の色味はPANTONEまたはDICという印刷のインク番号で指定いただきます。
テンプレートに印刷可能範囲という枠があり、その範囲内なら全面に印刷いただいても同じお値段で対応可能です。

4色フルカラー

CMYKという4つのインキを混ぜ合わせた印刷でデザインを表現する方法です。
グラデーションや写真などより複雑な印刷を表現できます。
こだわったデザインに仕上げたいときにおすすめ!
ただ、金・銀・蛍光色等の特色の表現ができなかったり、特色の印刷指定ではないので印刷に色ブレが起きる可能性があります。

また4つのインクを掛け合わせて色味を表現するため版ズレといい、色味が少し後ろから出てきてしまいます。

両面印刷

ポリ袋は同じ柄であっても両面に印刷をすると色数が増えます。
両面印刷は2色片面印刷と同様の扱いになります。4色フルカラー両面は8色印刷となります。
RERECAでは8色印刷以上の対応はできませんのでご容赦くださいませ。

グラビア印刷について少しわかっていただけましたでしょかうか?
印刷の色数に不安があればRERECAオペレーターにデザインを見せていただければ、印刷の色数を提案してポリ袋の見積をさせていただきます。
ぜひ一度御相談くださいませ!


他の特徴についてはこちら

マット印刷とは:梨地と似た質感の印刷方法 手穴補強の特徴:ポリ袋の強度を上げる加工方法

商品ラインナップ

手穴 ポリハンドル 巾着 ショルダー Uバッグ ハッピータック 実績一覧 参考価格表 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー 運営会社
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他