スマートバッグの特徴

スマートバッグって何??

スマートバッグの写真

ポリ袋のスマートバックとはプラスチックの持ち手を手穴の周りにつけ、ポリ袋の強度を上げる加工のことです。
重たいものを入れるので持ち手が伸びることが心配というお客様や、少し高級感のある手穴のポリ袋を作りたいというお客様に人気があります。
持つと滑らかな素材のためポリ袋が手にくいこんだりせず、長時間快適に持っていただくことができます。
特殊な加工でつけるので外れたり、ポリ袋との間に隙間ができたりする心配はありません。

スマートバックのメリット

ポリ袋にスマートバッグを施すメリットをご案内いたします。

  1. スマートバックをつけることで強度があがります!
  2. スマートバックをつけると持ち手が滑らかになるのでポリ袋が手にくいこみません!
  3. 通常の手穴ポリ袋に比べ見た目に高級感があるので特別感があります!

スマートバックのポリ袋は伸びやすい素材であり、ツヤ感的に相性のいいLDPEと合わせることの多い素材です。
梨地にはマットな質感とスマートバックのツヤ感の相性が良くないからか、あまり希望されることはありません。

スマートバックのデメリット

ポリ袋を作る際のスマートバッグのデメリットは

  1. お値段が上がる。通常は手穴加工のポリ袋は最も安くできる形状ですが、スマートバックをすると一気にお値段があがります。
  2. 納期が伸びる。工場でも加工できる機械や限られていたり、スマートバックの仕入れに時間がかかるため通常の手穴ポリ袋と比べ納期が伸びます。

ポリ袋のスマートバックはお値段や納期にはデメリットがありますが、ツヤ感のある丈夫なプラスチックバックは高級感が出るため遠目にも目立ちます。

遠目にも高級感たっぷり!スマートバックの需要と活用例

ポリ袋を作る際のスマートバックの需要と活用例をご紹介いたしますね。
スマートバックは、ポリ袋の強度を上げたいというご希望や、高級感のあるポリ袋を作りたい!という希望のお客様に人気があります。

レレカでご相談いただいた案件の中に、昔から使っているスマートバック付きのポリ袋にこだわりがあり、同じものをお造りになりたいというものがありました。
最近はスマートバックの加工が可能な工場が減っており、以前の工場ではもうできなくなってしまったとのことでした。
最終的に実物サンプルをお送りいただき工場で同じものを作っていただきました。
お客様はお値段も安く気に入っていたものを作れたと喜んでくださいました。

ポリ袋のスマートバックに興味があるがイメージがつかない!というお客様はレレカオペレーターに御相談くださいね。
実物をお送りいただければ製造可能かどうかや明確なお見積りや納期のご回答が可能です!


他の特徴についてはこちら

梨地の種類:梨地風素材の特徴をご紹介 手穴補強の特徴:手穴タイプで持ち手を補強するなら

商品ラインナップ

手穴 ポリハンドル 巾着 ショルダー Uバッグ ハッピータック 実績一覧 参考価格表 お見積もりフォーム

他商材リスト

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー 運営会社
販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他