ポリ袋印刷コラム

ロゴ入り袋を作るために必要な知識とは?

  • :2018年09月03日

ロゴ入りの袋の種類はどれくらいあるのか?

皆さんがロゴ入りの袋を製作される時・必要だと思う時には、どのような理由がありますか?
 
「上司から会社用の袋を作るよう頼まれている、しかも予算をできるだけ抑えて……」
「展示会用にロゴ入りの袋を作らないといけないんだけど、安く作るにはどんな袋を作ればいいんだろう?」

 
その他にも、急なイベントでビニール袋が必要になったり、新しいショップを立ち上げるにあたってショッパーバッグを用意しなければいけないなど、理由や用途は様々です。
レレカでも日々数多くのお客様からオリジナル袋製作のご依頼をいただきますが、
 

「納期重視で急ぎで納品したい」
「価格重視で安く製作したい」
「仕上がり重視で渡した後に長く使ってもらいたい」

 
といったお声をよく頂きます。
 
ちなみに、一番多いのは「できるだけ安く作りたい」というお声です。
製作において価格面は非常に気になる部分ですね!
予算や納期が固まり、いざ製作を依頼しようと思っても、袋の種類は沢山あって困る……なんてことも。
ロゴを入れたい袋が決まっていれば良いのですが、決まっていない場合は選ぶのも難しいですよね。
納期や価格に合った商品を探すのにも時間がかかります。
 
街でよく見かけられる袋といえば、
 
・紙袋
・ポリ袋(ビニール袋)
・トートバッグ
・不織布袋

 
が多いかと思います。
上記の他にも沢山の種類の袋がありますが、今回はこちらの4つの袋を中心に、どのような場面でどの袋を選べば良いのか、価格や仕上がりを重視する場合にお勧めの袋ををご紹介してまいります。
あくまでレレカの基準になってしまいますが、是非この記事を参考にし、気持ちよく製作に挑んでいただけると幸いです。

価格重視でロゴ入り袋製作するにはどの袋を選ぶべき?~500枚当たりの袋の単価を比較してみました!~

先程も触れましたが、袋製作で特にご質問いただく機会が多いのが「袋の価格」です。
ここからは、どの袋が費用を抑えて製作できるのかをご紹介します!
 
紙袋・ポリ袋(ビニール袋)・トートバッグ・不織布袋
皆さんは、この4つの中でどの袋が一番安いと思いますか?
 
大体イメージがつくかと思いますが、結論から言いますと「ポリ袋」が一番安く製作することができます。
他の袋と比べて、どれくらいの価格差があるのか気になるところだと思いますので、500枚当たりの袋の単価を紹介いたします。
※こちらでご紹介する価格は、レレカのA4サイズの大まかな価格相場です。

商材 価格 備考
ロゴ入りトートバッグ
(規格サイズ・1色印刷の場合)
約350円 ロゴ入りトートバッグは厚みによって価格が大きく変動するため、一概には言えませんが、大体これくらいの価格です。
ロゴ入り紙袋
(1色印刷)
約200円 紙袋もサイズや手持ち(ハンドル)部分等で価格が変動します。
ロゴ入り不織布バッグ
(規格サイズ・1色印刷の場合)
約200円 不織布袋も厚みや形状により変動があります。
ロゴ入りポリ袋
(規格サイズ1色印刷)
100円前後 ポリ袋は規格サイズであれば大体がこの価格です!

このような価格の違いになります。
この4つの商材の中では、トートバッグの値段が断然高いですね。
そして、やはり価格で比べると、ポリ袋が非常に価格を抑えて製作できます。
価格重視で製作されるのであればポリ袋を提案します!
 
ちなみに、価格の比較対象を規格サイズで印刷色1色で限定している理由は、袋の大きさがオリジナルサイズであったり、印刷色が増えると価格が大きく変動するためです。
製作する工場によっても価格が変わります。印刷色が1色増えると、ポリ袋も合計金額が数万変わってきます。

納期重視でロゴ入り袋製作するにはどの袋を選べばいいのか? ~納期を比較してみました!~

価格も重要ですが、場合によっては納期も重要な条件になります。
 
「納期に間に合わなければ、そもそも袋なんて必要ない!」
 
ということも多々あります。
例えば、イベント・展示会がそうです。納品が開催後では製作しても意味がありません。
そこで、ここから先は各商材の納期を比較していきます!

商材 納期 備考
ロゴ入りトートバッグ
(規格サイズ1色印刷)
約2週間 ※在庫がある場合。
オプションを付けたり、仕様によっては海外製作となるため約60日程かかる場合もあります。
ロゴ入り紙袋
(1色印刷)
約3週間 ※紙袋もサイズや手持ち(ハンドル)部分等で価格が変動します。
ロゴ入り不織布バッグ
(規格サイズ1色印刷)
約2週間 ※在庫がある場合。
オプションを付けたり、不織布袋も厚みや形状により変わってきます。
ロゴ入りポリ袋
(小判抜き規格サイズ1色印刷)
約2週間

 
通常のロゴ入り袋製作であれば、納品には大体これぐらいの期間がかかります。
500枚の製作の場合は、3週間あればほとんどの袋は製作が可能です。
あくまで目安なので、もっと短くできる場合もありますし、繁忙期の時期には上記より日にちを要する場合もあります。
 
ちなみに、レレカで一番早く製作が可能なの商品は「OPP」という素材のポリ袋です。

手持ち部分に穴が開いており「小判抜き」と呼ばれる形状をしています。
このOPPポリ袋は、デザイン校了をいただいてから約4~5営業日で納品することができます。
納品先が遠方の場合は、もう少し日数がかかる可能性もありますが、納期がタイトなお客様の力になってきた商品です!
 
ただ、中には「そんな期間待っていられない!」「もっと早く製作しないとイベントに間に合わない!」というお客様もいらっしゃると思います。
そんな時にピッタリ商品をレレカではご用意しております!こちらの商品に関しましては、また後ほどご紹介させていただきます。

仕上がり重視で、ロゴ入り袋を渡した方に長く使って欲しい場合の袋選び

ここまで価格と納期のご紹介をしてまいりましたが、
 
「貰ってうれしい袋を作りたい!」
 
というご希望をお持ちの方もいらっしゃると思います。
レレカにロゴ入り袋の製作をご依頼されるお客様の中にも、
 
「できるだけアフターユースできる袋を作って、渡した相手に何度も使って欲しい!」
「イベントや記念行事で配る袋なので、仕上がりを重視したい」

 
といったご要望をお持ちのお客様が多くいらっしゃいます!
そんな仕上がり重視の方にお勧めの商品をご紹介します。
 
まずはトートバッグです。
貰って嬉しくない人はいないのではないか?そう思うくらい人気の高い袋です。
記念行事やイベントで配布する袋の製作をお考えでしたら、トートバッグをお勧めします。
 
ただし、価格のご紹介でもお話しましたが、トートバッグは一番コストがかかる商品でもあります。
予算の関係でコストを抑えて製作しなければならないということもありますよね。
その場合には、紙袋をお勧めします。
仕様にこだわることで非常に可愛く、お洒落に、また格好良く仕上がります。
街中でお洒落な紙袋をサブバッグにして持ち歩く方もよく見かけるので、紙袋を検討してみても良いかと思います♪
 
それ以外には、ポリ袋の「ショルダーバッグ」もアフターユースしやすい商品です。
ショルダーバッグは、肩に紐をかけて背負えるタイプの袋です。

「運動部に所属していそうな学生さんが背負っている袋です!」というとイメージしやすいと思います。
容量が沢山入るので、お泊りやちょっとした旅行に行くときにも活用できます。
何かと便利な袋なので、ショルダーバッグも貰うと嬉しい袋ではないかと思います。

 
というわけで、アフターユースや仕上がりを重視される方は、

  • トートバッグ
  • 紙袋
  • ポリ袋(ショルダーバッグ)

を検討することをお勧めします!

もっと早く、もっと価格を抑えて作りたい!という方へ

ここまで価格・納期・アフターユース率と、それぞれの面でお勧めの商品をご紹介してまいりました。
 
「予算内に価格がなかなか合わない……」
「もっと早く製作して納品して欲しいんですけどー!」

 
といったお悩みやご要望をお持ちのお客様も沢山いらっしゃいます。
そんな方にレレカ独自の商品をご用意しております。
 
その名も「ワンポイントバッグ」です!
名前の通り、印刷はワンポイント、つまり1色印刷と色数は決まっている商品です。
仕様が限定されている代わりに、最小ロット100枚からのご注文と、約10営業日での納品が可能です。
短納期・小ロットの商品をお手頃価格でご製作いただけます。
 
それでは、ワンポイントバッグはどのようなラインアップで用意しているか、ご紹介いたします!

ワンポイント紙袋

ワンポイント紙袋の特徴や注意点
  • コート紙マット加工で艶がなく高級感がある
  • 印刷方法は箔押
  • 箔押色の種類は9種類
  • サイズは既成サイズ4種類

ワンポイントポリ袋

ワンポイントポリ袋の特徴や注意点
  • 印刷方法はシルク印刷、印刷部分はマット調になり、高級感がある
  • 素材はアパレルショップの持ち帰り袋でよく使用される人気NO.1素材の「LDPE」
  • 印刷色は12種類
  • 印刷色数は片面1色か両面1色(両面同柄)
  • 手穴タイプは3種類のサイズ、ショルダータイプは1種類のサイズ(高さ500×幅400×マチ50+50mm)をご用意

ワンポイント不織布バッグ

ワンポイント不織布バッグの特徴や注意点
  • 印刷はシルク印刷
  • サイズは2種類(どちらもA4サイズ)
  • 生地色3色

以上の3商材でご用意しております♪
ワンポイントバッグの価格は、各種ホームページにも掲載しておりおますので、是非ご覧ください!
 
価格面に注目してみると、お手頃に製作できるのは、やはりワンポイントポリ袋です。
ショルダーバッグは紐を通す工程があるため、価格は高いのですが、手穴タイプは非常にお手頃です。
一つ例を挙げさせていただくと、A4サイズのワンポイント手穴ポリ袋は、片面1色・数量100枚の場合、単価は198円です!
合計金額は19,800円(税抜き)、500枚だと単価78円で合計金額が39,000円(税抜き)です。
短納期・小ロットで、かつ価格を抑えての製作をご希望の場合は、ワンポイント手穴ポリ袋をお勧めします♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はロゴ入り袋製作に関してご紹介しました。
オリジナル袋の製作は、目的や、なにを重視するかよって選ぶべき商材が変わります。
簡単にまとめると、

  1. 価格重視で製作する場合はポリ袋(規格サイズで印刷色1色)がお勧め。
  2. 納期重視の場合もポリ袋や、既成サイズの不織布、トートバッグがお勧め。OPPだと最短4~5営業日で製作が可能。
  3. 仕上がり重視ならトートバッグや紙袋、ポリショルダーバッグがお勧め。
  4. ワンポイントバッグなら納期も価格も抑えて小ロット製作が可能。

といった点が、商品を決めるポイントになります。
もし何か不明点があればぜひ弊社スタッフにお声がけくださいませ♪


LINEで送る
Pocket

商品ラインナップ

手穴 レジ袋 ポリハンドル 巾着 ショルダー 参考価格表 お見積もり

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー お問い合わせ 運営会社

他商材リスト

販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜?金曜 9:00?18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他