ポリ袋印刷コラム

ポリ袋を使ってクッキングに挑戦してみよう!

  • :2018年07月26日

ポリ袋はいろんな用途に使えるんです!

みなさんは、ポリ袋と聞いて何をイメージしますか?
私がポリ袋と聞いてイメージするのは、衣類を入れたり、家庭ごみを捨てるときに使ったり、コンビニやスーパー、本屋さんなどで商品を入れるときに使うといったイメージだったのですが……
実はそれ以外でも、ポリ袋は日常生活でもいろんな使い方ができます。
 
リメイクといった形で、リュックサック・ゴミ箱・ブレスレット・バケットなど、日常で使えるものも作れたりします。
実際に完成した物を見ると、ポリ袋で作ったように見えない物ばかりで驚きました。
そして、普段私たちが何気なく使っているポリ袋は、使い方・素材・安全性に気を付ければ、料理にだって使えます。

 

これだけを聞くと、

 

「野菜を入れて漬物にするんでしょ~」
「唐揚げの味付けの時につかうんでしょ~」
「熱でとけるんじゃない?」
「ポリ袋を使って料理なんてできるわけないじゃない・・・」

 

と思いましたよね?

 

それが、できるんです!
いろんな種類の料理を作ることができるんです。

 

今回はそのクッキングの方法や注意点などを解説していきます。

クッキングに使えるポリ袋の素材は何!?

まず初めに、クッキングを始める前に、【どの素材のポリ袋が料理に使えるのか】を確認していきましょう!
 
ポリ袋の素材には、

  • 「低密度ポリエチレン ( LDPE )」
  • 「高密度ポリエチレン ( HDPE )」
  • 「インフレーションポリプロピレン (PP)」
  • 「二軸延伸ポリプロピレン (OPP )」
  • 「無延伸ポリプロピレン (CPP )」
  • 「ポリ塩化ビニル(塩ビ)(PVC )」
  • 「ビニロン (PVA)」

など様々な種類・素材があります。
この中で調理に使えるポリ袋は、高密度ポリエチレン(HDPE)です!
高密度ポリエチレン(HDPE)は熱に強く、耐熱温度は90~110℃です。
ポリ袋を作っている会社によっては、高密度ポリエチレン(HDPE)でも調理に使うのに向いていないものもあるので、購入する前に調べてみるのもいいですね!
 

※ポリ袋を安全に使える目安として、食品用・半透明・高密度ポリエチレン(HDPE)・湯せん・日本製と書いてある物を選んで下さい。

使える用途が書いてある方が安心して使えます。
とはいえ、どのポリ袋を選べば良いかわからないですよね(笑)
そういった場合には、こちらのポリ袋がお勧めです。

ワタナベ工業「食品用ポリ袋」
岩谷マテリアル「アイラップ」

クッキングをする前に用意するもの

今回のポリ袋クッキングは、油・バターなどは使用せずに調理していきたいと思います。
このクッキング方法は、「家に油がなかった!」「油を買い忘れた!」「突然の停電・ガスが止まった!」など、緊急時にも対応できるクッキング方法です。
 
今回は、ポリ袋でチョコ蒸しパンを作ってみたいと思います。
美味しそうな蒸しパンのレシピがあったので、早速作ってみましょう!

材料
たまご・・・40g
牛乳 ・・・45ml
ホットケーキミックス・・・110g
ココア ・・・12g
チョコチップ・・・30g(今回は入れてませんがいれたら美味しいですよ)
用意する調理器具
鍋(深いフライパンでもOK)
お皿(材料を湯せんする際に使うため)
ポリ袋(食品用の高密度ポリエチレン(HDPE))
  1. 鍋に水を入れ、沸かしておく。(95℃以下のお湯)
  2.  

  3. ポリ袋にホットケーキミックス、たまご、牛乳、ココア、チョコチップ(今回は入れませんが美味しいのでお勧めです)を入れる。
    蒸しパン①
  4.    

  5. ポリ袋に入れた材料を、だまができないようによく混ぜていきましょう。
    蒸しパン②
  6.  

  7. 材料が混ぜ終わったら、沸騰したお湯に40分間入れて湯せんする。
    蒸しパン④
  8.  

  9. ポリ袋が浮いてくるので裏返して湯せんします。
    蒸しパン⑤
  10.  

  11. 鍋からポリ袋取り出して、出来上がりを見てみましょう。
    蒸しパン⑥

初めてポリ袋で蒸しパンクッキングをしましたが、型に入れていないので見た目は「蒸しパンぽくないな……」という感想ですが、上手くいきました。
食べてみると、味もなかなか美味しくできていました。
 

※調理の注意点

材料を入れたポリ袋を湯せんする前には、袋の空気を抜き、お鍋の底にお皿を置いて、そこに材料が入ったポリ袋を置いてから調理をしてください。
お皿を使用しないで湯せんすると、お鍋の底にくっついて破けてしまう可能性があるので、必ずお皿を置いてください。

ポリ袋でクッキングできる料理はたくさんあるんです!

今回はポリ袋で蒸しパンをご紹介しましたが、他にもクッキングできる料理はたくさんあります。
ご飯を炊く、炊き込みご飯、漬物、オムレツ、卵焼き、インスタントラーメン、カレー、サバの味噌煮、スペアリブ、ローストビーフなど……
お米料理から野菜料理、魚料理、お肉料理といった、幅広くたくさんの種類の料理が、
蒸しパンを調理と同じ器具・ポリ袋があれば作ることができます。
 
しかも、このクッキング方法だと油を使わないので、通常の調理方法と比べて健康面や栄養面もヘルシーです。
身体に良いものを、効率よく美味しく食べれるのもいいですね。
そして、このポリ袋で調理する方法は「真空調理法」ともいわれており、食品の酸化を防ぎ、栄養素をキープすることで、効率的に栄養を摂れるそうです。
健康志向が高まりつつある近年、このクッキング方法は利点が多く、魅力がつまった調理法ですね。

※調理の注意点

お肉料理や魚料理の場合、調理温度(湯せんの温度)に気を付ける必要があります。
真空調理だと、食材の中の温度といわれる芯温設定温度が58℃~95℃です。
また、生ものを調理するときはゆでる温度など気を付けながらクッキングしてください。
調理していて大丈夫か気にる方は芯温センサー(芯温計)という食材に使える温度計があるのでそちらを使ってみるのもいいですよ。
芯温センサー

普段の生活でも使えるクッキング方法のご紹介でした!

日常生活でも使える、今回のポリ袋を使ったクッキングはいかがでしたでしょうか?
 
このクッキング方法を覚えておけば、アウトドア・キャンプ・災害時など何かあった時にも役に立ちそうですね。

  • 家に置いてある調理器具を使用し、同時に複数の料理をひとつのお鍋で一緒に調理ができる
  • 子供や家族と休みの日でも一緒に作れて、なおかつ洗い物が少ないので片付けが簡単
  • 油を使わないので、ヘルシーで栄養面・健康面にも優れている
  • 真空になっているので、調味料も普段使っている分量より半分で味付けができ、味も薄くならない

いろんな面で省エネできるのも魅力のひとつですね。
調理時間が食材によっては少し時間がかかるものもありますが、基本的には時短でできます。
忙しいときは時短料理を作って、時間があるときにはゆっくり時間をかけながら作るのも楽しみのひとつになるかもしれませんね。
また、アウトドアやキャンプの時などにも作るのもいいですね。
ポリ袋の種類など、気を付ける点はありますが、一度やってみると楽しくなってはまるかもしれませんよ。


LINEで送る
Pocket

商品ラインナップ

手穴 レジ袋 ポリハンドル 巾着 ショルダー 参考価格表 お見積もり

ご案内

トップページ 初めての方へ ご注文の流れ データ入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー お問い合わせ 運営会社

他商材リスト

販促ノベルティ制作のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜?金曜 9:00?18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画制作
取扱商材 紙袋ポリ袋不織布バッグトートバッグ宅配袋クリアファイル・その他