ポリ袋印刷コラム

ポリ袋のデータを作ってIllustratorの使い方を覚えよう!

ロゴのデータもIllustratorもある! でも……


「ねえねえ、今度うちの会社でポリ袋作らないといけないんだけどさー、パソコンのこと分かんないからあなた作ってくれない?Excel得意なんだからできるよね?あっ一応Illustrator?っていうのがパソコンに入ってるから!」

なんて無茶ぶりされたことはありませんか?

「Illustrator?使ったことねえよそんなの。Excel使えたらなんでもパソコンのことわかると思ってるやつなんなんだよ畜生」と思いつつ、とりあえず、上司の命令だからとIllustratorを立ち上げてみたものの……。

 

ま っ た く 何 を し て い い の か 分 か ら な い 。

 

どうにか見つけたロゴデータは開ける、ツールっぽいのがあるのも分かる、でもどうやって使うのこれ?!!
……その気持ち、ものすごくよく分かります!
かくいう私も学生時代、Illustratorに挑戦して、何度となく膝を折ってきました。
Photoshopと違ってIllustratorって直感的にどういうことができるのか分かりにくいアプリケーションなんですよね(※あくまで個人的な意見ですが)。

 

そんな、いつかの私のようなお客様をサポートするために、僭越ながら、データを作りながらIllustratorの基本的な使い方を覚えてしまおう!という記事を作成してみました。
本を読んでもツールの使い方なんてなかなか覚えられないもの。
だったら一緒に手も動かして、簡単なことから始めてみましょう!

1. とりあえずロゴを配置する

さて、なんとか気を取り直してロゴのデータを配置するところから始めてみましょう!
今回は弊社のポリ袋で一番人気の、A4サイズのデータを作成していきます。
ロゴのデータはこちらのデータを使用してください。
テンプレートはこちらをご使用ください。

では、データを開いて見ましょう!

 

《ロゴのデータ》

 

《テンプレートのデータ》

こんなデータが開けましたか?
ここから、ロゴのデータをテンプレートのデータに配置していきます。

 

①ロゴのデータをコピー
黒い矢印のツール(選択ツール)で、ロゴを選択し、Ctrl + C(MACの場合はcommand + C)でコピーします。

オブジェクト(Illustratorのデータのそれぞれのパーツのこと)が選択されていると、周りに色の縁がつきます。

 

②テンプレートのデータへ貼り付け
Ctrl + V(MACの場合はcommand + V)でテンプレートにロゴデータを貼り付けます。

ロゴのデータをテンプレートに貼り付けると少し大きいようですね。
では次のステップで、ロゴの大きさを変更してみましょう。

2. ロゴの大きさを変える

では、ロゴの大きさを変えていきます。
白い四角の中にデザインを納めなければなりません。

 

①選択ツールでロゴを選択する
②shiftキーを押しながら右下の四角をクリックして、好きな大きさになるようにドラッグする

 

この赤い丸のあたりにカーソルを持っていくと……

カーソルの形が変わります!

カーソルがこの両側に矢印のある形になったら、shiftキーを押しながらマウスをクリック&ドラッグして、好きな大きさに変更してください。
この時shiftキーを押しておく理由は、ロゴの縦横の比率を変えないためです。
ぜひshiftキーを押しながらロゴのサイズを変更したり、shiftキーを押さないでロゴのサイズを変更したりして、操作の違いを比べてみてくださいね。

 

程よい大きさに変更してみました。

さて、ロゴの大きさがテンプレートに収まるようには変更できましたが、この場所だとなんだかバランスが悪くて格好悪い……。
というかそもそも袋の枠からはみ出てしまっています。
ご安心ください!
Illustratorにはきれいにロゴを配置する方法があるのです……!

3. ロゴをピシッときれいに配置する

次は、ロゴをきれいに配置してみましょう!
今回使用するのは「整列パレット」です。

 

この整列パレットが出ていない方は、Illustratorの上部メニューの中の ウインドウ>整列 を確認してみてください。
この「整列」という項目にチェックが入っていない場合は、表示されていません。
「整列」をクリックすると出てきます。

 

テンプレートの白い四角は印刷ができる範囲を表しています。
さあ、この印刷できる範囲の中央に、ロゴをきれいにそろえていきましょう!

①shiftを押しながら、ロゴと白い四角を選択する
shiftを押すと複数のオブジェクトが選択できます。

 

②shiftは押さずに、もう一度白い四角をクリック
そうすると、白い四角の縁だけ少し太くなります。
この縁が太くなったオブジェクトが、基準になります。

 

③整列パレットで中央揃えをする
それでは先ほど用意していただいた整列パレットの出番です!
白い四角の真ん中に揃えたいので、左右の真ん中を揃えるボタン(水平方向に中央に整列)と上下の真ん中を揃えるボタン(垂直方向に中央に揃える)ボタンを押してください。

 

すると……。
きれいに真ん中に揃いました!
ピシッときれいに揃えられて気持ちいいですよね!
もちろん、袋全体の中央に揃えたいという場合は、グレーの袋の部分を基準にしていただければ、袋全体の中央に揃えられますよ!
ロゴを真ん中に配置しただけのデータですが、それっぽく見えると思います。
実際、こういったデータで印刷をされるお客様も多いので、安心してデータをお送りください!

 

また、ロゴを選択してEnterキーを押すと、このようなパレットが出てきます。
「移動パレット」と言います。
ここに数値を入れてロゴの位置を動かすことも可能です。
例)・水平方向に5mmと入力→ロゴは右に5mm移動(-5mmならロゴは左に移動)
・垂直方向に10mmと入力→ロゴは下に10mm移動(-10mmならロゴは上に移動)

 

いろいろ配置を変えてみて、自分が「ここ!」と思う場所にレイアウトしてくださいね。

4. 番外編:サイズを決めてロゴの大きさを変更する

例えば、「ロゴのサイズを150mmにしたいけど、手で大きさを変えると端数が出てしまう……」というきっちりした性格の方もいらっしゃると思います。
ご安心ください。ちゃんと、サイズを指定してロゴの大きさを変更する方法があります!
それは、これ!「変形パレット」です!

 

変形パレットが出ていない方は下の画像を参考に表示させてくださいね。
要領は整列パレットを表示させた時と同じです。

では、ロゴのサイズを指定していきましょう。

 

①ロゴを選択する
ロゴを選択するとWに横幅、Hに高さが表示されます。

 

②「W」の項目に150と打ち込む
この時、鎖のような右側のボタンが押されていることを確認してください。
ここで、ロゴの縦横の比率を固定します。

 

できましたか?
これだけでロゴを好きなサイズで指定して変更できます。
横幅150mm以外のサイズも試して、練習しみてくださいね。

最後に

いかがでしたか?
少しでもIllustratorと仲良くなっていただければいいのですが……。
今回紹介したのはIllustratorのツールの使い方では基礎中の基礎の部分でしたが、それだけにおさえておく必要のある操作です。
ロゴのサイズを自分の気に入った大きさにして、真ん中に配置するだけでも、それらしいデータが作れるようになったのは、大きな一歩ですよ!
ぜひこのコラムをとっかかりに、Illustratorに親しんでいただければと思います!


おすすめ関連記事

商品ラインナップ

手穴 レジ袋 ポリハンドル 巾着・ショルダー 宅配ビニール 参考価格表 お見積もり

サービス一覧

ワンポイントポリ袋 短納期パック フレキソレジ袋 フルオーダー製作

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ デザイン入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー ポリ袋コラム 製作事例集 サイトマップ

他商材リスト

販促ノベルティ印刷のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画製作