ポリ袋印刷コラム

安くレジ袋に名入れをする方法|オリジナリティを出す方法も紹介

レジ袋に名入れをすれば、お客様のインパクトに残りますし、お店の名前やブランド名を宣伝することができます。

 

でも、レジ袋にあまり予算を使えないという会社も多いかと思います。

 

 

 

この記事では、できるだけ安くレジ袋に名入れをする方法をお伝えします。

とにかく安くレジ袋に名入れする4つの方法

まずは、レジ袋の名入れを依頼する際に、できるだけ安くする方法は下記の4つです。

 

  1. 納期の1か月前までに発注する
  2. レジ袋に名入れする印刷色数を少なくする
  3. レジ袋の名入れは片面だけにする
  4. 納品住所に気を付ける

 

(1)納期の1か月前までに発注する

レジ袋の名入れをする際、短納期でご希望の場合は特急料金が発生してしまうため、1か月以上の余裕をもって発注することで料金を安くできます。

 

 

お客様がレジ袋に名入れのご注文をしてから、お客様の手元にレジ袋が届くまでは、弊社のフレキソレジ袋の場合はいかのような工程で名入れ印刷を行います。

 

ご注文いただいてから業者が行う工程

  • デザインデータのチェック
  • 問題があればデザインデータ修正依頼
  • 印刷版の製造
  • 印刷機のセッティング
  • テスト印刷
  • 問題があれば再度印刷機のセッティング
  • 袋に印刷
  • 検品
  • 出荷 など

通常、ご注文いただいたお客様から順番に納期に合わせて順番に作業しています。

 

 

これが3週間以内の短納期での納品の場合は、特急料金をいただいて、工場内で他のお客様より優先させることになります。

 

 

(2)レジ袋に名入れする印刷色数を少なくする

フレキソ印刷でレジ袋に名入れする場合はオリジナルポリ袋WEBでは基本的に1色印刷になります。
また、グラビア印刷などの場合には、色が増えるごとに印刷費・製版代が増えるため、低価格にするには1色刷りがおすすめです。

 

レジ袋に名入れするときの仕組み

 

レジ袋に名入れをする際は、ハンコのような凹凸のある印刷版を作成して、凸の部分にインキを付け、レジ袋に転写していきます。

 

 

印刷版はインキの色数分製造するので、2色以上使えばその分「製版代」が増えていきます。

 

 

写真などのカラー印刷をする場合は、黄色と黒もイエローとブラックの4色分の印刷版が必要なため、単色釣りの4倍の製版代がかかります。

 

 

だから、レジ袋に名入れをするときは、自社オリジナルのロゴがカラーの場合も1色に加工するなどして、単色で名入れするのがおすすめです。

 

(3)レジ袋の名入れは片面だけにする

レジ袋の両面に名入れをする場合、工程の仕組み上、印刷版が2つ必要となるため、高額になってしまいます。

 

 

レジ袋に名入れをする工程の仕組み上、両面に名入れをする場合は印刷版が2つ必要となるからです。

 

名入れされたレジ袋を製造する工程

レジ袋ができるまで

※画像は工程のイメージです。

レジ袋に名入れをするときは、出来上がった袋に印刷をするのではなく、袋の元となるフィルムに印刷をして、それを切り離していくことでレジ袋の形にしていきます。

 

 

フィルムは初め、トイレットペーパーのように巻かれており、そのまま一方向に引っ張られていくため、同じ印刷版で両面に印刷することが出来ません。

 

 

そのため、両面に名入れをする場合は、2つの印刷版が必要となり料金が高くなってしまうのです。

 

(4)納品住所に気を付ける

運送会社

名入れしたレジ袋が必要となるシーンとして、就職関係のイベントやハンドメイドイベント、同人系のイベントが増えています。

 

 

しかし、レジ袋をイベント会場に直接納品してしまうとプラス料金が発生する場合があります。

 

 

これは、イベント会場に搬入できている業者が限られているため、1番安い方法で納品することが出来ないのが原因でです。

 

イベントでレジ袋を使う場合も、自宅や事務所または店舗など、イベント会場とは別の場所に納品場所を指定して、会場まではご自身で運送するのがおすすめです。

 

レジ袋の名入れでさらにオリジナリティを出す方法

できるだけ安く名入れをする方法をお伝えしましたが、ここでは低価格でできるレジ袋の名入れで、さらにオリジナリティを出す方法をお伝えします。

 

名入れは大きく分かりやすく入れる


野菜市場のレジ袋に名入れした事例(事例のレジ袋はグラビア印刷です)

レジ袋にはできるだけ大きくわかりやすく名入れをした方が、オリジナリティを出すことができます。

 

業者ごとにレジ袋に名入れ出来る範囲は決まっていますが、範囲の中であれば、大小関わらず印刷料金は均一になるのが一般的です。

なので、せっかくなら目一杯大きくしたほうがお得です。

 

 

お客様に覚えてもらいたい情報をわかりやすく、大きくデザインしましょう。

 

具体的によく名入れをされる項目は、以下のようなものです。

  • ホームページや看板に使っているマーク
  • ロゴやお店の名前を大きく
  • 何屋さんなのか
  • 地域名
  • 電話番号 など

 

どの情報を一番に押し出したいかによって、文字だけではなくイラストなどを交えて大きめに名入れすることで、オリジナリティを出しましょう。

 

まとめ

レジ袋に名入れをすれば、お客様のインパクトに残りますし、お店の名前やブランド名を宣伝することができます。

 

 

せっかく作るオリジナルの名入れレジ袋なので、作ってよかったと思える物をデザインして名入れしてくださいね。

 

 

弊社、レレカはレジ袋に名入れをするときの、安さ以外の小ロット・短納期といったご要望にも相談に乗り、最適な提案をすることが出来ます。

レジ袋に名入れをする際は、ぜひレレカにご相談ください。

 


おすすめ関連記事

商品ラインナップ

手穴 レジ袋 ポリハンドル 巾着・ショルダー 宅配ビニール 参考価格表 お見積もり

サービス一覧

ワンポイントポリ袋 短納期パック フレキソレジ袋 フルオーダー製作

ご案内

トップページ 初めての方へ ご依頼までの流れ デザイン入稿について よくあるご質問 特定商取引法に基づく記載 プライバシーポリシー ポリ袋コラム 製作事例集 サイトマップ

他商材リスト

販促ノベルティ印刷のレレカ
会社名RERECA【株式会社RESEED内】
所在地532-0011 大阪市淀川区西中島5-6-9
新大阪第一ビル 3階
連絡先 Tel: 0120-838-117
Fax: 06-4862-4174
営業時間 月曜〜金曜 9:00〜18:00
事業内容 販促物・ノベルティグッズの企画製作