ポリ袋のオリジナルデザイン制作や印刷・名入れなら

ポリ袋印刷の実績紹介

汚濁水浄化処理機械メーカーさんの展示会用オリジナルポリ袋

商材ポリ袋
形状平袋
枚数300枚
素材OPP
生地色透明
サイズW250×H400
印刷色数1色
オプションなし
実績No17976

こちらは、汚濁水浄化処理の機械を製造販売している会社様のオリジナルポリ袋です。

「人と地球にやさしい製品」を創るということをモットーに、独創的なアイデアと技術で設計、製作、販売をしていらっしゃいます。工場排水だけでなく、養豚・乳牛等の糞尿排水濃縮や脱水などの家畜排水や、給食の残飯排水処理の脱水などの食品排水の機械も制作しているそうです。

ポリ袋には【出雲の技術を世界へ!】と印刷してあります。個人的に同じ出雲人として頑張っていただきたいです!!

今回はご縁の国出雲の人と地球にやさしいメーカー様のオリジナルポリ袋をご紹介させていただきますね!

 

 

中に入れるものを生かして、透明にいたしました!

今回は、展示会でパンフレットを入れてお配りするためのポリ袋を制作させていただきました。中に入れるパンフレットを生かしたいとのことで、透明にいたしました。

印刷もパンフレットに合わせたデザインで、ポリ袋だけではシンプルすぎて「何だろう…」と思いますが、パンフレットを合わせると意味があるデザインになっております。

OPPの素材でお作りされる方は、手持ちの部分のみ透明で手持ちの部分から下は全面印刷して中身が見えないような仕様にされることが多いですが、今回のように透明にして中身を生かすのもオシャレですね。

そして、印刷されているこの何とも言えないネコちゃんがとても気になりますよね!

 

 

重いものをお入れするときは、持ち手を付けることをおすすめ致します!

今回は、パンフレットのみをお入れするとのことでしたので平袋(底マチなし)で【手穴タイプ】をオススメさせていただきました。

パンフレットを何冊かお入れする場合や、粗品などの品物をお入れする場合、どうしても平袋の手穴タイプですと伸びてしまったり、破れが気になりますよね。

そんな時は同じ素材の持ち手の【ポリハンドル】や、プラスチックの持ち手の【ハッピータック】を付けることをオススメしております。

お配りした後も使っていただきやすいですし、破れてしまったり手が痛くなってしまったり等の嫌な思いをしないと思いますよ!

こんなものを入れたいげど、どんな素材でどんな形がいいんだろう…とお悩みの方はご相談に乗らせていただきますのでぜひお問い合わせくださいね。

 

ポリ袋は生地のお色もお選びいただけます!

ポリ袋の生地は14色の中からお選びいただけます!

人気No.1は【乳白色】です。中身が透けにくくお値段も安いので多くの方(レレカでは80%の方)が希望されています。今回の透明も2番目に人気で、透明ですと印刷コストは高くなりますがきれいに出るのでオススメです。

カラー生地は、遠目でも目立ち存在感があります。生地色の影響で印刷色がきれいに出なかったりするので、印刷重視の方は乳白色をオススメいたしますが、印刷をシンプルにして生地のお色を目立つ色にするのもいいですよ。

コスト面が心配な方は一度ご相談くださいませ。

 

こちらの制作実績でお問い合わせ

以上の特徴を見ていただいて、参考にお見積もりしたい場合には以下よりお問い合わせください。
また、どういったオリジナルのポリ袋を作りたいかお悩みの場合にもオペレーターがご提案させていただきます。