ポリ袋のオリジナルデザイン制作や印刷・名入れなら

ポリ袋印刷の実績紹介

展示会で使用されるオリジナルビニール袋

商材LDPE
形状手穴
枚数1000枚
素材LDPE
生地色
サイズ250mm×400mm
印刷色数1色印刷
実績No17665

今回ご紹介させて頂きますのは、中部地方で環境にかかわる事業を展開されている企業様のオリジナルビニール袋でございます。
今や、環境エネルギーというのは、我々にとって無くてはならない存在です。
3Rという言葉を知っている方も多いかと思いますが、わたしたちひとりひとりができることをしていきたいですよね。
さて、今回のご注文のポリ袋は展示会での使用とのことで、一般的に企業や法人様が使われる需要のあるビニール袋を検討されているとのことでしたので、弊社オペレーターより素材などをご提案させて頂きました^^
初めてのオリジナル販促物の制作だと不安やお悩みもあるかと思いますが、弊社オペレーター・デザイナーまでご相談いただけましたら素材のご提案やデザインのご相談にもお答えさせて頂きますので是非とも一度ご相談くださいませ(^o^)/

それぞれの素材の特徴

今回、一般的に企業や法人様が使われる需要のあるポリ袋を検討されているとご相談いただきましたので、レレカでは一番人気がありかつポリ袋としてはベーシックな素材である「LDPE」という素材をご提案させていただきました!

IMG_3468

「LDPE」は、ツヤがあり高級感のある素材で、アパレルショップ様のショッパーや企業説明会で資料を入れて配布する際によくご使用いただいております。
レレカのポリ袋にはほかにも「HDPE」や「梨地」、「OPP」という素材もございます。
「HDPE」はスーパーやコンビニのレジ袋でよく使用されている素材です。もっと厚みのあるものですと、CDショップのショッパーでも見かけますね。
「梨地」はLDPEともHDPEとも違う手触りで、表面はマットな質感です。他社の袋と差別化を図りたい際にはお勧めですよ!
「OPP」は、パリっとした透明度の高い素材で、ダイレクトメールが封入されている袋といえばピンとくる方もおられるでしょうか?
上記でもご紹介させて頂きましたが、今回は展示会でのご使用で一般的に企業や法人様が使われる需要のあるポリ袋を、とのことでございましたので、LDPEをご提案させて頂きました。
「こんな用途にするんだけど素材は何がいいの?」とお悩みになられた際は是非とも弊社オペレーターに一度ご相談くださいね^^

ハンドルでポリ袋の印象が変わります!

今回はハンドルに手穴をお選びいただきました。

IMG_3470

手穴タイプは袋の上部に小判型の穴を開けるタイプのハンドルで、ポリ袋の中でも一番人気です。
別途ハンドルを取り付けないので、重ねても高さが嵩張らないのもメリットです。
そして、コスト的にもリーズナブルに製作が可能です!
度々ご紹介させて頂いておりますが、パンフレットや資料を入れて配布する際に一番よく使用される形状です。
ハンドルを変えるだけでかなり袋の印象が変わってきますので、他の袋にはないハンドルをお選びいただくとオリジナリティのある仕上がりになりますよ^^
デザイン、素材、ハンドル・・・ポリ袋のことでお悩みがあれば是非レレカにご相談くださいませ!

こちらの制作実績でお問い合わせ

以上の特徴を見ていただいて、参考にお見積もりしたい場合には以下よりお問い合わせください。
また、どういったオリジナルのポリ袋を作りたいかお悩みの場合にもオペレーターがご提案させていただきます。