オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

レジ袋有料義務化についてのご案内

2020年7月1日よりレジ袋の有料義務化が施行されます

プラスチックごみ削減に向け、2020年7月1日よりレジ袋の有料義務化が施行されることが決まりました。
こちらのページでは、レジ袋有料義務化についての解説をいたします。

レジ袋有料化の対象となる事業者

プラスチック製の買物袋を扱う小売業を営む全てのお店が対象となります。
製造業やサービス業といった主な業種が小売業ではない事業であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は有料化の対象となります。

有料化対象の小売業
※各種商品小売業、織物:衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、自動車部分品・附属品小売業、家具・じゅう器・機械文具小売業、医薬品・化粧品小売業、書籍・文房具小売業、スポーツ用品・がん具・娯楽用品・楽器小売業及びたばこ・喫煙具専門小売業

有料化の対象となる買物袋・対象にならない買物袋

レジ袋有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製の買物袋です。

有料化の対象となる袋は
有料化対象外の袋

無料で配布できる袋はどんなもの?

あらゆるプラスチック製買物袋を有料化することにより、過剰な使用を抑制していくことが基本ですが、環境性能が認められ、その旨の表示がある以下3点は対象外です。 こうした袋への転換を進めるなど、環境価値に応じた価値付け等を推奨しています。

このような袋は無料で配布でききます
レジ袋を無料で配布するための条件
  1. プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの 繰り返し使用が可能であることから、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです。
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの 微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです。
  3. バイオマス素材の配合率が25%以上のもの 植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです。

レレカでは、「厚みが0.05mm以上あるポリ袋」「「バイオマスプラスチックを25%配合したポリ袋」の制作に対応しております。

レジ袋有料化の金額設定

レジ袋有料化にする際の価格設定、有料化した場合の袋の売り上げの使途に関してましては、お店側が自由に設定することができます。 ただし、1枚あたりの価格が1円未満の場合は有料化として認められていないため、1円以上で設定する必要があります。。

レジ袋有料化についてのご相談はこちら

レレカでは、レジ袋有料化に関する疑問やお悩み相談にお応えします。 レジ袋有料化への対策でお困りのお客様は、下記フォームに必要事項を入力の上、「送信する」ボタンをクリックしてください。
専門スタッフがメールを確認後、対応させて頂きます。

お客様情報

※スマートフォンや携帯のアドレスをご利用の場合は、パソコンからのメールを受信できるよう設定をお願い致します。