オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

紙袋印刷ブログ

黒をキレイに印刷するには?知ってるようで知らない黒の違いについて

黒ってどれも同じじゃないの?

袋製作の際、お客様が黒1色で印刷色を希望されたり、4色フルカラー印刷でもデータ内に黒を使われたデザインは非常に多いです。

 

では、ひとことで「黒」といっても印刷の黒にはK100%の黒、リッチブラック、4色ベタといろんな黒があることはご存知でしたか?
それぞれの黒の違いを知り、デザインや印刷方法によって上手く使い分けられるようになると、袋の仕上がりも一段とよくなります。

 

今回は知ってるようで知らない「黒」の違いについてご説明いたします。

目次

K100%の黒、リッチブラック、4色ベタの違い

K100%の黒とは


フルカラーの印刷データは、CMYKモードといってC(シアン)M(マゼンダ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色のインクをかけあわせた色で作られています。
それぞれの値は0~100で設定されており、K100%の黒とはこのCMYKの値がC:0、M:0、Y:0、K:100で表現された色のことです。スミベタとも呼ばれます。
インクを1色しか使わないため、版ズレの心配がなく、細い線や小さな文字に使用しても可読性が損なわれません。

 

K100%の黒を使用した際はオーバープリントに注意

印刷会社の設定によっては、K100%のデータには自動的にオーバープリントが適用されます。
オーバープリントとは、色同士を重ねて印刷することで、色と色との間に隙間を作らないよう行われる処理のことです。詳しくは下の画像をご覧ください。

オーバープリントをしない場合、黒い文字の下は、その文字の形で白く抜けています。
そのため、黒い部分の印刷がほんの少しでもずれてしまうと、白く抜けた部分が見えてしまいます。
オーバープリントを適用すると色と色を重ねて印刷するので、少々ずれてしまっても仕上がりにはほとんど影響しません。
 
このようにオーバープリントには版ズレを防ぐことができるメリットがあるのですが、一方で広いベタ面の場合は、色同士が重なった部分がうっすらと透けたように見えてしまいます。

※画像はオーバープリントの効果をわかりやすくするため、表現を誇張しています。
下の色が単色のベタなら気になりませんが、写真やイラスト、柄など色の差が大きい複数の色の上に黒をのせると、透け感が目立つことがあります。
小さな文字や細い線が黒の場合は、透け感も目立ちにくいのでK100%の黒で作成いただいて大丈夫です。
 
例えば、柄物や写真など、色差のある面の上に黒をベタ面で使用される際は、K100%にCMYいずれかを1%足すことでオーバープリントを防げます。

 

リッチブラックとは


リッチブラックとは、ブラック=K1色で表現した色に他のCMYカラーを掛け合わせて、より深みのある濃い黒にすることです。
レレカで推奨しているリッチブラックの値はC:40、M:40、Y:40、K:100です。
CMYK全ての色を使った4色掛け合わせ印刷のため、K1色しか使わないK100%の黒に比べて版ズレが起こりやすくなります。
細い線や、文字へのリッチブラックの設定はお控えください。
リッチブラックのベタ面の上に白抜きの文字や線を入れた場合も、版ズレによって仕上がりに影響が出ますので、注意が必要です。
※画像は版ズレのイメージをわかりやすくするため、表現を誇張しています。

 

4色ベタとは


4色ベタとは、CMYKの値がC:100、M:100、Y:100、K:100とすべてが100%で作成されている黒のことです。
こちらはインクを大量に使用するため乾きにくかったり、裏移りの危険性や印刷した紙同士がくっついてしまったりと、デメリットが大きいため印刷には適していません。
データに4色ベタが入っていると不備となり、修正が必要になります。濃度の強い黒を使いたい場合でも4色ベタは使用せずにリッチブラックに留めましょう。

RGBからCMYKに変換した黒に注意!


元はRGBモードで作られていたデータを途中でCMYKモードに変換した場合など、アプリケーションの設定によっては、RGBデータ内の黒(R:0、G:0、B:0)が上記の画像のようにCMYKすべてのカラーが混ざったカラーに変換されてしまうことがあります。
しかも、この変換結果はモニターで見ているだけではほとんど気づきません。
このように意図しない黒を指定してしまうと、仕上がりに版ズレが生じたり、ご注文内容によってはデータの修正が必要になりますのでご注意ください。
印刷データを作成する際は、途中でカラーモードを変換することのないよう、必ず最初からCMYKモードでご作成ください。

黒を特色で指定するには?

レレカでは1色印刷、2色印刷など特色で印刷をするときには、DICまたはPANTONEの番号で色の指示をいただいております。
ですが、白と黒だけは例外的に特色の番号がなくても印刷可能です。
黒で印刷をご希望の方はそのまま「黒」とだけご指定ください。
その場合、K100%の黒でデータ処理をさせていただきます。同様に白で印刷をご希望の方もそのまま「白」とご指定ください。
データ作成の際、テンプレート内に印刷色の記入欄がございますので、ご記入いただければ幸いです。

ポリ袋印刷に向いているのはどんな黒?


ポリ袋はツルツルした生地の特性上、紙に比べて印刷時にズレが生じやすいため、2色以上の印刷では注意喚起を行っています。
リッチブラックはCMYKすべてのカラーを使用するため版ズレが起きやすく、ポリ袋への印刷には向いていません。
ポリ袋へ印刷する黒は「K100%の黒」でデータをご作成ください。
例外として、ワンポイントポリ袋のご注文は、全て指定色での印刷になりますので「710 ブラック」とご指定ください。

クリアファイル印刷に向いているのはどんな黒?


クリアファイルは透明の面に印刷を行うため、K100%の黒は透けて茶色っぽく仕上がってしまいます。
黒をベタ面で使う場合は、リッチブラックの設定がおススメです。
細かな文字や線など版ズレが目立ちやすそうな場合は、リッチブラックを使わずにC:1、M:0、Y:0、K:100のようにK100%に他の色を1%だけ足してください。
リッチブラックに比べると少々薄い黒になったとしても、版ズレが目立ちにくくなるためこちらの設定を推奨しています。
さらに白版を追加するとクリアファイルの透け感が軽減され、発色もよくなるのでおススメです。

まとめ

それぞれの黒の違いと向いているデータをまとめると下記のようになります。

K100%の黒
  • 版ズレしない
  • 細かな線や小さな文字に向いている
  • 黒ベタの中の白ヌキ文字にも向いている
  • 複数の色が重なる箇所はオーバープリントに注意
リッチブラック
  • 濃い深みのある黒に仕上がる
  • 版ズレが起きるリスクがある
  • 細かな線や小さな文字には不向き
  • 黒ベタの中の白ヌキ文字にも不向き
4色ベタ
  • 印刷データには使用不可

どれも見た目にはただの黒に見えるのですが、こんな風に違いがあることを知っていただけましたでしょうか。
モニター上ではそれぞれの黒の違いは判別できないため、データを触って確認することが必要です。
今まで何となく黒でデータを作っていた方も、入稿の際にはそれぞれ黒の違いについてよく理解し、適切な黒を使用するようにしてみてくださいね。