オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

紙袋印刷ブログ

今すぐ使える!ポリ袋のデザインアイデア14選

ポリ袋のデザインでお悩みの方に

ポリ袋を作ることになったけれど、どんなデザインにしていいかわからない、もっと違うデザインにしてみたい……
そんなお悩みはございませんか?
今回は、困ったときにすぐ使える、ポリ袋のデザインアイデアをいくつかご紹介します。
形状は一番人気の手穴タイプで考えてみました。
参考サンプル例と一緒にご覧ください。

シンプルなロゴを使ったシンプルなデザイン

1. ロゴを袋の中央に置く


まずはシンプルに、袋の上下左右中央にロゴを配置しただけのデザインです。
王道ですが、おさまりのよさは抜群です。
ロゴの印象が際立つので、こだわりのロゴをお持ちの方にお勧めです。
 
シンプルなだけに、ロゴの大きさが違うだけでもイメージがかなり変わります。
どの大きさで配置するのが1番しっくりくるか、色々と試してみましょう。
会社によっては、ロゴの色や余白に規定がある場合もあります。
ロゴのガイドラインがある場合は、必ず内容をご確認ください。
 
基本は上下左右の中央にロゴを置くのがお勧めです。
デザインによっては少し上に置くのがバランスがいいのか、それとも少し下にしたほうがいいのかなど、お好きな位置に微調整をしてみてくださいね。
以前、ロゴの大きさや配置について書いたこちらのコラムもご参考にしてみてください。
引用:ポリ袋に配置するデザインのベストサイズを探そう!

2. 文字を斜めに入れてみる


ポリ袋に入れる文字を斜めにするだけで、動きが出て見えます。
太めのフォントを選び、効果線を追加することでさらにポップな印象に。
 
ポップなデザインにははっきりとした印刷色が合いますね。
印刷色も袋のイメージを決める大事なポイントです。
レレカのポリ袋は一部の商品を除いて、印刷色をDICまたはPANTONE solid coatedの特色からご指定をいただいております。
特色と言われてもよくわからない……というお客様はどんな色にしたいかをレレカオペレーターまでご相談くださいませ。
※ちなみにポリ袋への印刷に、「蛍光色」は使用できません。有害物質が含まれている為です。ご注意ください。

3. 文字を四角の枠で囲む


文字を四角の枠で囲みました。
これだけだと「少し物足りないな」と感じるかもしれませんが、シンプルながらも目がいくデザインになります。
線の太さや余白にこだわって、バランスのよいデザインを目指しましょう。
 
ちょっとアレンジして、装飾を加えた枠で囲むと華やかな印象になります。
四角部分をベタにしてみてもいいでしょう。
四角だと少し固いイメージになりすぎる……という方には丸い枠で囲むのもお勧めです。

4. 文字の上下にラインを入れる


文字の上下にラインを入れるとキリッと引き締まった印象になります。
文字を強調する効果もあるデザインです。
 
今回は細めのラインを2本ずつ上下に入れてみました。
ラインの太さや長さ、何本入れるかでも印象が変わりますので、好みのバランスになるまでいろいろ試してみてください。

5. 文字を縦に置く


今度は思考を変えて、文字を縦に入れてみましょう。
シンプルながらもインパクトの強いデザインになります。
 
英字だけでなく、和をテーマにした袋を作るときに、商品名やキャッチコピーを縦書きで入れてみたりするのも、雰囲気に合って良さそうですね。

6. 文字の大きさにメリハリをつける


たとえ文字以外の素材をお持ちでなかったとしても、文字の大きさにメリハリをつけるだけでデザインが仕上がります。
 
今回は印刷可能範囲いっぱいまで文字を配置し、迫力あるデザインになりました。
印刷色は黒を使用。生地色の白とのコントラストで、さらに文字が引き立ちます。

背景を工夫したデザイン

7. 背景に柄を入れる


シンプルなデザインもいいけれど、もう少し華やかなイメージのポリ袋にしてみたい……そんなときは、背景に柄を入れてみましょう。
 
柄が入るだけで、1色印刷でもパッと目を引くデザインに仕上がります。
同じ色で少しだけベタを入れ、その上にロゴや文字を入れると読みやすさもキープできますよ。
 
ポリ袋の印刷範囲の関係上、袋の端までの印刷はできませんのでお気をつけくださいね。

8. 印刷色数を増やして背景に柄を入れてみる


背景に柄を入れる案も、2色印刷にするとカラフルでさらに華やかな印象になります。
 
今度は2色のストライプ柄を斜めにいれてみました。
店名は中央を白抜きにして配置しています。
ストライプのほかにもチェック柄やドット柄、幾何学模様などを入れるのもお勧めです。
 
2色以上の印刷は版ズレが生じる可能性がございますので、ご了承の上デザイン作成をお願いいたします。

9. ロゴを繰り返し配置する


背景に幾何学模様を入れるのもしっくりこない、もしくは素材を用意できない、という方にはロゴを繰り返し配置する案もあります。
ロゴ自体が柄となり、袋のデザインを華やかに見せてくれます。
 
こちらはレレカでも実際に使用していたデザインなんですよ。
しつこいようですが、企業ロゴを使われる際はロゴガイドラインの有無・内容をよくご確認ください。
企業ロゴの使用規定に違反しないようご注意くださいね。

イラストや写真を使ったデザイン

10. イラストを使ってみる


イベントやお店のイメージキャラクターがいる場合などは、ビジュアル表現にイラストを取り入れる方法もあります。
 
イラストの効果でポリ袋のイメージが、親しみやすくやわらかな雰囲気に仕上がりました。
かっこいいイメージのイラストを使えば、また雰囲気が変わりそうですね。
 
2色以上の印刷のときは版ズレを軽減させるため、黒の線をC:0 M:0 Y:0 K:100のようにK版のみで作るのがお勧めですよ。

11. 写真を入れてみる


お店の商品などメインで見せたいものがはっきりとある場合は、写真を主役にレイアウトしてみましょう。
写真を中央に大きく配置し、下に店名とURLのみをさりげなく入れたデザインは、商品をぐっと引き立たせてくれます。
 
写真が主役のデザインでは、写真のクオリティが最重要!
写真を撮るときは、できれば専用のカメラで自然光を使って撮影することがキレイに見せるコツです。
こだわりのある方はプロに依頼して撮影してもらうのもいいでしょう。

12. モノクロのデザインにする


例えば写真をモノクロに変換するだけで、クールな印象のデザインに仕上がります。
さらに印刷色数も1色なので、フルカラー印刷と比べるとコストダウンにもなります。
1色印刷で進められるように、文字やプラマークなど全ての要素をモノクロにしましょう。
 
レレカで取り扱っているポリ袋にはいろいろな種類があり、中でも一番よくご注文いただくのがグラビア印刷のポリ袋です。
グラビア印刷のポリ袋は、濃淡のあるデータは調整が難しく、モニターでご覧いただくほど色差が出にくい場合がございます。
濃淡は20%以上色差をつけていただくことを推奨しております。
仕上がりはある程度成り行きになってしまうことを、ご了承ください。
 
作成したデータがご注文内容に適しているか不安な方は、データの事前確認も行っております。
ご希望の方は担当オペレーターまでお申し付けください。

他にもこんな工夫もできます

13. 生地色を変えてみる


黒などの濃い色の生地への印刷は、印刷色が生地色の影響を受けて沈んでしまう場合がございます。
仕上がりイメージの相違を避けるためにも、色が沈みにくい白、金や銀などのメタリックカラーでの印刷を推奨しています。
※生地色の影響を軽減するために、白版を下に引く方法もございますが、デザインやご予算によっては対応できない場合もございますので、あらかじめご了承下さいませ。

14. 両面にデザインを入れてみる


ここまでご紹介したデザインは全て片面のみのデザインでしたが、もちろん両面印刷も可能です。
片面に比べると印刷料金は上がってしまいますが、デザインする範囲が増えたことでデザインの幅も広がります。
ご予算に余裕のある方には両面印刷も検討してみてはいかがでしょうか?
 
両面に同じ柄を入れたデザインが多いのですが、片面はロゴ、もう片面はイメージ写真、のようにあえて違う柄を入れるのもメリハリがついていいですね。

ポリ袋のデザインを作るときに注意したいこと

最後に、ポリ袋のデザインを作る時の主な注意点をお伝えします。
 
レレカではいろいろな種類のポリ袋を取り扱っています。
中でも小ロット対応可能で人気の「ワンポイントポリ袋」は、お安くご提供するために「1色印刷のみ、印刷色も指定色のみ、表現できる線幅の違い、印刷範囲も限定」など様々なデザインの条件がございます。
本コラムのデザインが適さないものもありますのでご注意ください。
ワンポイントポリ袋について、詳しくはこちらをご覧ください。
 
フルオーダー、規格サイズのポリ袋でしたら、今回ご紹介したデザインで概ね問題ございません。
 
データに不備があると、修正が必要になるため納期に影響が出る場合がございます。
デザインを作られる際は、ご注文内容・ご注文商品のテンプレートに記載の注意事項をよくお読みいただき、適したデータの製作をお願いしております。
 
ポリ袋のデータ入稿についてのページもぜひご覧くださいませ。
もしデータ作成の方法でご不明な点等がありましたら、レレカまでお気軽にお問い合わせくださいね!
今回ご紹介したデザインが参考になれば幸いです。