オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

お役立ちコラム

紙袋印刷ブログ

ビニール袋の素材とは?ポリ袋との違い・見分け方についても解説

1.ビニール袋とポリ袋に使われる素材の違いと見分け方

ビニール袋とポリ袋は、どちらも熱を加えると軟化するプラスチック素材から作られています。袋状に加工がされており、中にものを入れられる包装材である点も同じです。

しかし、見た目や用途、製品の厚みが全く異なります。ビニール袋とポリ袋の違いは、原料であるプラスチック素材に由来するものです。

1-1.ビニール袋の素材は塩化ビニル樹脂

ビニール袋の素材は、「塩化ビニル樹脂」です。塩化ビニル樹脂は、石油から製造されるエチレンと塩素を反応させることで作られます。塩化ビニル樹脂には軟質と硬質の2種類があり、ビニール袋に使われるものは軟質の素材です。

主な用途としては、子ども用のプールバッグや、透明のペンケースがよく知られています。厚手の材質であるため形状がしっかりしており、袋状に広げて自立しやすいことが特徴です。

1-2.ポリ袋の素材はポリエチレン・ポリプロピレン

ポリ袋は、「ポリエチレン」や「ポリプロピレン」から作られています。ポリエチレンとポリプロピレンは、どちらも石油から製造される物質です。ポリ袋はビニール袋と比較して薄手の材質であり、袋状に広げても基本的に自立できません。

ポリ袋の代表的な製品は、スーパーのレジ袋です。引っ張りに強い袋や、裂けにくい袋を作ることができるため、中に多くのものを詰め込む用途に適しています。

2.ポリ袋が「ビニール袋」と呼ばれている理由とは?

ビニール袋とポリ袋は、原料となる素材やそれぞれの特徴は異なりますが、レジ袋やゴミ袋などのポリ袋を指して「ビニール袋」と呼ばれることが、少なくありません。ポリ袋とビニール袋の呼称が混同されている理由は、日本におけるプラスチックの歴史と深い関わりがあります。

日本において、プラスチック製の袋が日常生活にまで登場した当時、塩化ビニル樹脂のビニール袋が一般的でした。その後、本来のビニール袋は環境面の配慮から流通数が少なくなり、代わりにポリ袋が広く流通します。しかし、人々はポリ袋を指して、呼び慣れている「ビニール袋」を使い続けた、ということが混同の理由です。

日常生活でポリ袋をビニール袋と呼んでも、とくに問題はありません。ただし、ポリ袋を購入したいときには、「ビニール袋」ではなく「ポリ袋」と呼んだ方が、正確に製品を選ぶことに繋がります。

3.ビニール袋(ポリ袋)に使われている素材の種類と見分け方

ポリ袋は、素材がポリエチレンとポリプロピレンのどちらであるかによって、特徴が異なります。ポリエチレン・ポリプロピレンにもさまざまな素材があるため、見分け方を覚えましょう。

ここでは、ポリ袋に使われている素材4種類と、それぞれの特徴・用途について解説します。

3-1.レジ袋に多用されるポリエチレン素材

ポリエチレン素材のポリ袋は、レジ袋やゴミ袋に多用されています。ポリエチレンは、原料であるエチレンの加工時にかける圧力の違いによって、高密度ポリエチレンと低密度ポリエチレンの2タイプに分けられることが一般的です。

・高密度ポリエチレン(HDPE)
エチレンに低~中程度の圧力をかけながら、触媒と反応させて重合させることで作られます。高密度ポリエチレンは枝分かれが少ない分子構造となり、硬めの手触りが特徴です。

特徴
  • 半透明である
  • 引っ張っても伸びにくい
  • 薄くしても高い強度が得られる
  • 耐寒性と耐熱性が高い
  • 触るとシャリシャリとした音が鳴る
用途
  • レジ袋
  • 薄手のゴミ袋

・低密度ポリエチレン(LDPE)
エチレンに高圧をかけることで、複雑に枝分かれした分子構造のポリエチレンとなります。高密度ポリエチレンに比べると柔らかく、しなやかな手触りが特徴です。

特徴
  • 透明感がある
  • 引っ張ると伸びやすい
  • 耐衝撃性が高い
  • 耐寒性が高い
  • 触るとツルツルとしている
用途
  • 生鮮食品包装用の袋
  • 厚手のゴミ袋

3-2.熱に強いポリプロピレン素材

ポリプロピレン製のポリ袋は衝撃に強く、耐熱性がポリエチレンよりも高いことが特徴です。原料であるポリプロピレンの加工方法によって、二重延伸ポリプロピレンと無延伸ポリプロピレンの2タイプに分けられます。

・二重延伸ポリプロピレン(OPP)
二重延伸ポリプロピレンとは、ポリプロピレンを縦・横の方向に伸ばしてフィルム状に加工したものです。延伸することによって強度が高くなり、引っ張っても形がほとんど崩れません。

特徴
  • 透明度がとても高い
  • 防湿性が高い
  • 引っ張っても伸びにくい
  • フィルムの接合箇所から裂けやすい
用途
  • 透明封筒
  • 製品保護フィルム

・無延伸ポリプロピレン(CPP)
無延伸ポリプロピレンは、溶融したポリプロピレンを急冷して、フィルム状に加工したものです。加工時に延伸されていないため、フィルムが伸びやすく、パンや麺類の袋として使用されます。

また、フィルム同士が熱で融着するヒートシール性に優れており、ラミネート包材の原料として他の素材と熱接着する用途に使われる点も特徴です。

特徴
  • 透明度が高い
  • 防湿性はあるが、油分は通しやすい
  • 引っ張ると伸びやすい
  • ヒートシール性に優れる
  • ラミネート加工により、さまざまな特性を得られる
用途
  • レトルト調理用の袋
  • 食品包装用の袋

4.ビニール袋(ポリ袋)に使われる素材の選び方

ポリ袋に使われている素材には複数の種類があり、どのように選ぶべきなのか迷う方が多いでしょう。ポリ袋は素材によって性質が異なるため、目的に合った性質の素材を選ぶ必要があります。また、環境に配慮した製品も存在することが、近年のポリ袋市場の特徴です。

ここでは、目的に応じたポリ袋の選び方や、環境に配慮した製品の選び方について解説します。

4-1.目的に合わせて選ぶ

ポリ袋は中にものを入れるための包装用品であるため、入れるものの種類や性質、重さに合った製品を選ぶことが大切です。ポリ袋の利用ケースごとに、選び方を紹介します。

・重いものを入れたい
重いものを袋に入れて持ち運ぶ場合、引っ張っても伸びにくく、重さに耐えられるポリ袋が求められます。高い耐久性と強度を併せ持つ、HDPE製のポリ袋が適切です。

・尖ったものを入れたい
剪定した庭木の枝や使用済みの竹串など尖ったものを入れる場合は、強度とともに伸びやすい性質のポリ袋が必要です。引っ張ると伸びやすく、厚手であるLDPE製のポリ袋を選びましょう。

・袋の内容物を見せたい/隠したい
自治体によって、ゴミ出しの袋に透明ポリ袋を指定されるケースがあります。透明の袋が必要な場合は、LDPE製のポリ袋を選んでください。逆に袋の中身を隠したい場合には、白色半透明のHDPE製のポリ袋がおすすめです。

・ポリ袋調理に使いたい
食品の保存から加熱調理までをポリ袋で済ませるポリ袋調理では、冷凍・加熱によって変質しないポリ袋を使わなければなりません。耐寒性と耐熱性に優れたHDPE製のポリ袋を調理に利用してください。

4-2.環境に配慮して選ぶ

近年、環境意識の高まりを背景に、石油由来ではなく植物由来のポリエチレンが作られるようになっています。植物由来のポリエチレンは、石油資源を消費しないため、環境に悪影響を与えないポリ袋を作ることが可能です。焼却時に二酸化炭素のような温室効果ガスの排出量も少なく、地球温暖化の防止に役立ちます。

ただし、石油由来のポリ袋も、焼却時にダイオキシンなどの有害なガスは発生しません。ダイオキシンは、塩素入りの物質を不完全燃焼したときに発生します。そのため、製造時に塩素を使用している塩化ビニル樹脂製のビニール袋とは異なり、ポリエチレン・ポリプロピレンのポリ袋は安全性が高いことが特徴です。

まとめ

レジ袋やゴミ袋のような包装材は、「ビニール袋」とよく呼ばれていますが、「ポリ袋」が正しい呼び方です。ビニール袋の原料は塩化ビニル樹脂であり、ポリエチレンやポリプロピレンが原料であるポリ袋とは性質や質感が異なります。

一般的なポリ袋は、ほとんどがポリエチレン製です。ポリエチレン素材は大きく分けて、白色半透明で伸びにくいHDPE、透明で伸びやすいLDPEの2種類があります。使用目的に応じて、最適な素材のポリ袋を選びましょう。


おすすめ関連記事