ロゴ入りオリジナルビニール袋の製作実績 | オリジナルポリ袋WEB レレカ
オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

お役立ちコラム

紙袋印刷ブログ

ロゴ入りオリジナルビニール袋の製作実績

ロゴ入りビニール袋について

お店や会社などのロゴが入ったビニール袋は、さまざまな場面で活躍します。

イベントや会社の資料を入れて配る袋として、ほかにもお店のショッパーとしてなど。オリジナルバッグの製作を請け負うレレカでも、たくさんのロゴ入りビニール袋を担当してきました。

さて、ビニール袋といっても素材や生地の色、形状などの違いにより、さまざまなものがあります。
オリジナルビニール袋をご依頼いただく際には、それらも選んでいただかなくてはなりません。

とはいっても、「どんな形にしよう」「どの色があるの」といった疑問があるかと思います。また、そもそもで何をどう選んだらよいかわからないという場合も。

そんな方に向けて、事例を見ていただければ少しはイメージが湧くかと思い、ここではレレカで過去に担当させていただいた、ロゴ入りビニール袋の一部をご紹介します!

それでは、さっそく紹介を…といきたいところですが、まずはレレカで取り扱っているビニール袋の素材などについてお話しさせていただきます。

ビニール袋の素材について

まずは、素材についてご説明いたします!

薄くても丈夫な「HDPE」

HDPE
ビニール袋と聞くと、コンビニやスーパーでもらうレジ袋をイメージしませんか?
それは「HDPE」といい、触るとカシャカシャと音がします。
「高密度ポリエチレン」の略称で、ほかのポリエチレンよりも丈夫で硬い素材です。
リーズナブルなのもポイント。

なめらか触り心地の「LDPE」

LDPE
ごみ袋にも採用されている、ツルツルとした手触りのビニールは「LDPE」。
「低密度ポリエチレン」の略称で、柔らかい性質のため「軟質ポリエチレン」や「高圧法ポリエチレン」などと呼ばれることもあります。
こちらは印刷をきれいに表現できるため、レレカでは一番人気の素材。

透明感のある「OPP」

OPP
透明でパリパリとした手触りの「OPP」は、レレカの「短納期パック」でのみ選んでいただける素材です。
ダイレクトメールで使われている封筒やブックカバーなどが、代表的な使用例です。

ビニール袋の形状について

ビニール袋の形は、なかに入れるものや用途によって考える必要があります。

一番人気の「手穴タイプ」

手穴タイプ
手穴タイプはレレカのご注文の中でも一番人気の形状です。
ビニール袋の上部に持ち手となる小判型の穴が空いています。
イベントや説明会でパンフレットなどを入れて配布するため、書店やアパレルショップのショッパーとしてなど、幅広い場面で選ばれています。
また、持ち手を取り付けるなどではなく、穴を空けるだけなので製作コストがリーズナブルなのも魅力。

スーパーやコンビニで使われている「レジ袋タイプ」

レジ袋タイプ
レジ袋タイプという名前の通り、スーパーやコンビニでレジ袋として使われている形です。
強度があり、重いものを入れても安心。また、マチがついているので容量も◎。

アフターユースできる「ショルダータイプ」

ショルダータイプ
ショルダータイプは、肩にかけて背負える形。
スポーツ用品店やアパレルショップのショッパーとしてよく見かけますよね? 容量があるので、衣類や靴を入れるのに適しています。また、若い層の方は、サブバックとして繰り返し使用してくださっていますよ。

レレカのショルダータイプのビニール袋は、「ワンポイントショルダーバッグ」という商品で取り扱っております。こちらは、すでに製袋されたビニール袋に印刷をするため、小ロット・低コストで製作することが可能! また、短納期でご提供できます。

おしゃれな「ポリハンドルタイプ」

ポリハンドルタイプ
ポリハンドルタイプは、上部に持ち手を取り付けています。
多くの雑貨屋やアパレルショップからご依頼をいただいています。

資料配布に! 頑丈な持ち手の「ハッピータックタイプ」

ハッピータックタイプ
ハッピータックタイプは、プラスチック製の持ち手が取り付けられたビニール袋です。
袋の口を閉じることができるため、多少の雨ならしのぐことができるので非常に便利。

LDPEビニール袋の製作事例

事例① シンプルながら、毛筆がアクセント!

温泉観光施設のビニール袋
こちらは、温泉施設からご依頼をいただいたビニール袋です。
乳白色の生地と黒色の印刷色は、定番人気の組み合わせ。
異なる書体を使用していても全体的に統一感があり、一方でPRしたいところが際立ちますね!

事例② ブルーの生地が爽やかなビニール袋

ブルー生地が爽やかなビニール袋
注目していただきたいところが、QRコードです!
ビニール袋のQRコード
こちらに使われているグラビア印刷という方法は、グラデーションなど複雑な表現が可能。そのため、QRコードのような細かいデザインでもOK!
グラビア印刷について詳しくはこちらをご覧ください。

OPPビニール袋の製作事例

縦向きにロゴを配置して、スタイリッシュに!

ロゴマーク
会社のロゴを縦に配置することで、スタイリッシュな印象に。
ロゴマーク
こちらは両面にそれぞれ同じ柄を印刷しております。

裏表で別の柄が印刷された製作事例

かわいらしい富士山がポイント!

ロゴマーク
表面に二色、裏面に一色を使ってデザインされています。
富士山のイラストが可愛らしいですね。
ロゴマーク
和紙や文具、和雑貨などを扱われている会社さまからのご依頼です。
片面印刷よりも製作費は高くなりますが、華やかな印象に仕上がります!

特徴的なハンドルの製作事例

頑丈で、かつ便利なハッピータックハンドルです!

ハッピータックハンドルのビニール袋
ハッピータックは持ち運びもしやすいのも特徴。
マチがあり、たくさんのものをなかに入れることができるので、靴屋や雑貨屋、会社のパンフレットを入れる袋などで活躍してくれます。
ロゴマーク
スタイリッシュな英字なので、全体的なスマートな印象です!

インパクト抜群のショルダータイプバッグの製作事例

ロゴマーク
こちらはショルダータイプのロゴ入りビニール袋ですが、インパクトのあるイエローの生地と黒のロゴのコントラストが素敵です。
ハンドルの色は生地と合わせており、全体的に統一感があります。
ハンドルと生地の色は、多数ご用意しています。お好きな色の組み合わせてください。

ポリハンドル付きのビニール袋

ロゴマーク
シンプルな乳白色のビニール袋に、イメージカラーの水色のロゴをドンと印刷しています。
持ち手と袋が同じ白地なので、ロゴマークの水色がより爽やかな印象になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は紹介しきれませんでしたが、弊社・レレカが担当させていただいたビニール袋には、素敵なものがまだまだたくさんあります。
製作実績一覧ではほかにもご紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。
オリジナルポリ袋WEB 実績一覧

実績をご覧になられたうえで、もし「こういったビニール袋が作りたい」などイメージに近いものがありましたら、可能なものであればサンプルを無料でお送りいたします!

また、もちろんイメージがなくとも相談ベースでも結構ですので、お気軽に弊社までご連絡ください!

オリジナルポリ袋WEB・レレカはこちらから


おすすめ関連記事