オリジナルポリ袋WEB
レレカの電話番号は0120828117

お役立ちコラム

紙袋印刷ブログ

ビニールの歴史|種類やポリ袋との違い

1.ビニールの歴史とは?ビニール袋とポリ袋との違いまで


ビニールは「レジ袋」や「商品の梱包材」など、普段よく手に触れる身近な存在でもあります。
ビニールという物質はプラスチックの一種であるため、ビニールの歴史を知りたいのであれば、まずはプラスチックの歴史から知っておきましょう。
また、包装資材として活用されているビニール袋の歴史を知るためには、包装資材の歴史にも注目するとより理解が深まるはずです。
ここからは、プラスチックの歴史と包装資材の歴史について解説します。まずはプラスチックの歴史について、詳しく見てみましょう。

1-1.プラスチックの歴史

プラスチックにはさまざまな種類があり、それぞれ発見・工業化された年代が異なります。石油化学品であるプラスチックが辿ってきた歴史を、プラスチックの種類とともに見てみましょう。

年代 出来事
数千年前 アカシアの木に寄生する昆虫から抽出される「シェラック」という天然樹脂が使用されていた
プラスチックの前身とされる
1835年 フランスのルノーによって、ポリ塩化ビニル粉末が発明される
→工業化には至らず
1839年 ドイツのシモンによって、ポリスチレン粉末が発明される
→工業化には至らず
1870年 アメリカのジョン・ハイアットによって、天然素材であるセルロースを使って合成される「セルロイド(半合成プラスチック)」が発見・実用化された
1872年 ドイツのバイエルによってフェノール樹脂が発明された(原料に動植物を使用しない世界初の人工合成樹脂)
1907年 アメリカのベークランドが、フェノール樹脂を「ベークライト」として工業化
1917年 セルロイド(可燃性が高い)の弱点を改善した、不燃性の酢酸セルロースが生産開始
1920年 熱硬化性のユリヤ樹脂が発明・工業化された
1926年 ドイツのシュタウティンガーが、プラスチックを作る高分子(ポリマー)が鎖状の長い分子で構成されていることを発見
加工が容易なポリ塩化ビニールの開発に成功・工業化→プラスチック需要の高まり・化学工業の本格的なスタート
1930年 アメリカ・ドイツでポリスチレンの工業化
1934年 ドイツで透明度が高いアクリル樹脂の工業化
1938年 「ナイロン(ポリアミド)」が発明された(アメリカの化学者カロザース(デュポン社)らの発明品)
1941年 ナイロンの工業化
1945年~ 「ビニール(ポリ塩化ビニル)」「ポリ(ポリエチレン)」「スチロール(ポリスチロール)」「ベークライト(フェノール樹脂)」などのプラスチックが一般市民に普及し始めた
1955年~ プラスチックの大量生産・大量消費の時代
大規模なコンビナートが作られ、プラスチックが日用品に広く使われるようになった→ポリプロピレン、ポリアセタール、ポリカーボネートの登場
1965年~ より高性能なプラスチックの開発・製造
ポリスルホン、ポリイミド、PPS樹脂、PEEK樹脂など
現在 バイオマス由来プラスチック、生分解性プラスチックなど、環境の負担を軽減する新たな素材の研究開発が進む

150年ほど前から工業化され始めたプラスチックですが、現在でも日常生活のあらゆるものに使用されており、身近で馴染み深い存在となっています。
現在では、技術の向上に伴い、環境に優しいプラスチックの研究開発も進んでおり、プラスチックは今後も人間の生活に密接に関与することが考えられます。

1-2.包装資材の歴史

現在ビニールはレジ袋などの包装資材としても広く使用されています。
しかし、包装資材にもさまざまな種類があり、包装資材として使用される材料は時代や文化とともに移り変わってきました。
ここでは包装分野の歴史について、見ていきましょう。

時代 包装資材の主な素材・用途など
紀元前4000年ごろ 麻(あさ)の布が使用されていた可能性
縄文時代 稲作が広まり始め、藁(わら)が使用され始めたと推察される
甕(かめ)や瓶といった土器の使用
奈良時代
  • 藁で作られた筵(むしろ)が使用された
  • 紐や縄の使用
平安時代 陶磁器や漆器とともに桶が使用された
鎌倉時代 樽(たる)の使用(※ヨーロッパでは3世紀よりも前から使用)
江戸時代 衣類などを包むために風呂敷が流行
大正時代 1923年にアメリカのメーカーが作成したものを参考に、国内で紙製の袋を試作・国産化して商品化(当時はセメント用紙袋として開発)
昭和後期 1970年代にビニール袋が普及

日本では、麻や藁、木材などの植物性繊維の素材、陶磁器や土器といった自然由来の素材が使用されてきました。
近代になると安価かつ大量生産可能で、強度も高いプラスチック材料のビニール袋が広く普及しました。
ビニール袋が普及し約50年経ち、技術開発が進んだ現在では、さまざまな種類のビニール袋が使用されています。

1-3.ビニール袋とポリ袋の違いは?


コンビニのレジ袋などは、一般的に「ビニール袋」や「ポリ袋」とよばれており、この2つの言葉はほぼ同じ意味で使われています。
しかし厳密に言うと、「ビニール」と「ポリ」は種類が異なるプラスチック素材です。

ビニール 塩化ビニール樹脂を使用したプラスチック
ポリ○○ ポリエチレン(エチレンを重合)やポリプロピレン(プロピレンを重合)など合成高分子を使用したプラスチック

コンビニのレジ袋など、「ビニール袋」と称される袋の多くは、ポリエチレンやポリプロピレンから作られています。
そのため、「ビニール袋」よりも「ポリ袋」の方が、素材の名称により近い呼称であるといえます。

2.ビニール袋の種類

一般的に「ビニール袋」というと「ポリ袋」を指すケースが多く見られますが、「ビニール袋」に含まれる素材にはさまざまな種類があり、特性もそれぞれ異なります。
日常生活で広く使用されている主なビニール袋の素材(汎用プラスチック)や使用目的は以下のとおりです。

素材の名称 ポリエチレン(PE)
特徴

高圧法低密度ポリエチレン(LDPE)

  • 透明で柔らかい
  • しわになりにくい

中低圧法高密度ポリエチレン(HDPE)

  • 不透明で硬質
  • 引っ張る力に強い
主な用途

高圧法低密度ポリエチレン(LDPE)

  • 食品や雑貨の包装用
  • チャック袋
  • ゴミ袋 など

中低圧法高密度ポリエチレン(HDPE)

  • レジ袋(PE製レジ袋)
  • ファッションバッグ類 など
素材の名称 インフレーションポリプロピレン(IPPまたはPP)
特徴
  • LDPEより硬め
  • やや光沢あり
主な用途
  • 食品や雑貨の包装用
  • 野菜袋 など
素材の名称 二軸延伸ポリプロピレン(OPP)
特徴
  • 透明度が高く硬い
  • 光沢あり
  • しわになりやすく裂けやすい
主な用途
  • パンフレットを入れる袋
  • 果物袋・野菜袋
  • 店頭陳列商品 など
素材の名称 無延伸ポリプロピレン(CPP)
特徴
  • 透明度があり硬い
  • 光沢あり
  • 水や油に強い(耐水性・耐油性)
主な用途
  • パンフレットを入れる袋
  • 果物袋
  • 店頭陳列商品
  • アパレル製品を入れる袋 など
素材の名称 ポリ塩化ビニール(塩化ビニル樹脂 PVC)
特徴
  • 塩ビ・塩ビ樹脂ともよばれる
  • 透明で強度が高い
  • 耐久性・柔軟性に優れる
  • 単価は高め
主な用途
  • 車検証など書類を入れるケース
  • デスクマット など
素材の名称 ビニロン(PVA)
特徴
  • 透明度が高い
  • 摩擦に強く光や薬品にも強い
  • 水に弱く劣化しやすい
主な用途
  • アパレル製品を入れる袋
  • 産業用資材 など


ビニール袋の性質は、袋を構成するプラスチックの種類に大きく左右されます。
ビニール袋を使用するときは、用途に応じて素材を選ぶようにしましょう。

3.​オーダーメイドのビニール袋・ポリ袋を作ることもできる

既製品を使用することが多かったビニール袋ですが、現在では加工技術も進み、素材や形状、デザイン、エンボスなどの表面加工などを自分で選んで製作できます。
オリジナルの専用ビニール袋は、業者や店舗はもちろん、学校やイベントなどでも大活躍するでしょう。

 

最後にオーダーメイドで作れるビニール袋の形状やサイズ、コストの相場の一例を紹介します。

形状 サイズ 参考価格(1枚当たり)
手穴 A4 16円
B5 16.3円
Lサイズ 65円
レジ袋 30号 7円
40号 10円
50号 14円
ショルダーバッグ・巾着 ショルダーバッグ 中サイズ 80円
巾着 中サイズ 77円
ポリハンドル Sサイズ 30円
Mサイズ 37円
Lサイズ 40円
宅配ビニール Sサイズ 47円
Mサイズ 52円
Lサイズ 58円

ビニール袋のオーダーメイド業者では、これらのサイズ以外にも、さまざまな形状・サイズが販売されています。ビニール袋をオーダーメイドする際には、業者に相談し素材やデザイン、印刷、コーティングを、しっかりと確認しましょう。

まとめ

ビニールを含むプラスチック製品や、さまざまな素材がある包装資材には、それぞれに技術発展の歴史が存在し、1970年代に合わさりビニール袋(ポリ袋)として確立しました。
現在では生産技術の向上もあり、さまざまな種類のビニール袋が広く使用されています。

 

近年では、自分で形状やサイズ、デザイン、素材、品質を選べるビニール袋のオーダーメイドが手軽にできるようになりました。
企業や店舗の経営者はもちろん、イベントの開催・参加を考えている方は、自社PRの一環としてオーダーメイドビニール袋の制作を検討してはいかがでしょうか。


おすすめ関連記事